【コンサル成功事例】天使と悪魔のどっちの思考ですか?_2/3

【コンサル成功事例】天使と悪魔のどっちの思考ですか?_2/3

前記事【コンサル成功事例】90分でも進化は可能(個人差あり)_1/3
優秀なスタッフさんはコンサル90分を受けただけでも、
有益な情報やスキルを吸収し結果を出だせる。

というお話でした。

Sさんとのラインを元に続きをお伝えします。

前回の「17万円の契約が取れました!」ってラインのあとに
次のラインを頂きました。

「天使の考え」という意味不明なワードが出てますよね(笑)
知らない人からすれば「?」です。

「天使の考えになったら、逆に少ない回数(コース契約の施術回数)をオススメしていた方に申し訳なく思ってきました、、」
と言っています。

そしてその返信で僕は
「素晴らしいマインドの変化ですね!」
と称賛しています。

これはどういうことかを説明します。

ポイントは「天使の考え」です。
よく漫画とかでありますよね。

一つの出来事にたいして、
天使の自分と悪魔の自分が頭上に現れて
善意を元に対応をするか、悪意を元に対応をするかを、
天使と悪魔がバトルする場面です。

これがエステシャン、営業マン、カウンセラーなど
相手方にセールスをする立場にある人には
必ずこの両者が現れるという話をしたのです。

天使の考え=お客様のために=お客様のためになるメニューを提案する
悪魔の考え=自分のために=一番売りやすい、予算のマックスを提案する

当然この2つの考え方は共存するので
どちらか一方だけということはなかなかないと思います。

ただ、基本的には「天使の考え=お客様のために」が優位でないと
結果として成果に結びつきません。

なぜなら、、、

お客様は人間なので、相手の言動でなんとなく察するのです。

「この人は本当に私のことを考えてくれてるな」
「この人は私に売ることしか考えていないな」
というふうにです。

ここまで伝えればSさんと僕とのやり取りが
なんとなく理解できますね。

Sさんは前回のコンサルを受けて
回数が多いコース契約(高額契約)はお客様のためになる
と思うようになった。

回数が多いコース契約をオススメしてこなかったことを後悔した。
なぜならいまのSさんに取っては回数が多いコースの提案は「天使の考え」だから。

わかりますか。

それに対して、僕はマインドチェンジしてよかったですね、
って伝えたという流れです。

ほんとにSさんみたいに柔軟な思考を持てると
一気にジャンプしちゃう場合があるんですよね。

ただの垂直跳びから
一気にトランポリンでジャンプするような変化ですよね。

実はSさんがこのあと更なるジャンプをしちゃいます。
そして、そのジャンプにはある人の●●●力が大きく影響していました。

そのへんは次回にお伝えします。

→【コンサル成功事例】オーナーの「任せる力」が売上の鍵!_3/3