3/3_エステコンサル事例_オーナーの「任せる力」が売上の鍵!

3/3_エステコンサル事例_オーナーの「任せる力」が売上の鍵!

 

前記事はお客様のためになる提案をし「天使の考え」で接することで、
一気にジャンプ(スタッフ・お店の飛躍)ができる場合がある
というお話でした。

7月下旬にお試しコンサル90分をしたサロンさんと
8月上旬に本契約後の第一ミーティングを始める前日。

とんでもないラインが届きました。
それがこちら↓

凄すぎる。。。

つい一週間前まで
17万の契約を取れて大喜びしていたのに。

いきなり40万円台の契約をゲットしたというのです。

まさに垂直跳びからトランポリンジャンプですね。

いかにマインドが大切か、
いかに柔軟な思考が大切か、

そのように感じずにはいられませんでした。

Sさんすげーな。。。

コンサル本契約後の最初のミーティング前日に決めるってのも
持ってるなー、って思わずにはいられませんでした。

Sさんはもともとエステ畑の方ではなく
ブライダルプランナーをしていました。

結婚式当日に現場で式自体を滞りなく進める現場担当から
結婚式のオーダーを頂くための営業まで
幅広い業務を一任されていたとのことです。

そういった背景があったので、現サロンでは
メニュー表の作成、宣伝広告の企画、売上管理など
幅広い業務を担当しています。

そんなSさんはまだまだ進化していくと思います!

こんな風にSさんが短期間で進化している要因として
オーナーの存在が大きいと感じています。

これはいろんなオーナーさんにも参考になると思います。

一言で言うと「任せちゃう能力が高い」ってことです。

小さな店であればあるほど
オーナーのトップダウンであらゆる物事が決まるのが一般的です。

営業スタイル、メニュー、集客施策、
あらゆることをオーナーが決める場合が多いです。

だた、このSさんの店のMオーナーは
すごく人に任せるんです。
※もちろん要所は抑えてますし、相手を選んでます。

スタッフさんだったり、最近ですと僕にもです。

オーナーさんの立場だと人に任せるっていうことは
実は容易ではありません。
心理的に簡単なことではないのです。

なぜならオーナーは資金と結果に対して
すべての責任を持つ立場だからです。

だから小さな店ですと
殆どの場合がオーナーがすべてを決めます。
当然だと思います。

でもMオーナーは任せるんです。

社長であれば従業員さんやパートナー企業さんに依頼したり、
従業員さんであれば後輩や部下であったり、
人に任せることってありますよね。

人に任せるとき陥りがちなのは
「自分だったらもっと●●できるのに」と
自分の尺度で自分以下の対応に不満を感じがちです。

もっと早く、もっと正確に、もっと高く、もっと効果を出せる、
などなど。

だから人に任せるってのは
実は物理的にではなく心理的に容易ではないんですよね。

Sさんが飛躍しているのは
Mオーナーの「任せる力」の賜物だと思います。

やっぱり任せられると
トップダウンで命令されるより奮起するタイプの人も
多くいますからね。

Sさんの柔軟な思考
Mオーナーの任せる力

エステサロン運営のみならず
いろんなビジネスのヒントになるのではないでしょうか。

ぜひ「柔軟な思考」と「任せる力」を
ご活用頂ければと思います。